NGINXでバーチャルホストを作成する:CentOS6

Virtualホストを作成する

f:id:Josh-s:20180114115826j:plain


1つのサーバに複数のサイト(ドメイン)を入れて運用する為に
バーチャルホストを作成します。今回の環境は「CentOS6」です。
CentOS7とは少しディレクトリの箇所が違います。

設定ディレクトリ
/etc/nginx/conf.d/default.conf


オリジナルのデータはこのとおりです。
念の為、オリジナルファイルはバックアップをとっておきます。

cp default.conf default.conf.back
(同階層からコマンドを入力)


こちらはオリジナルファイルの状態です。

新しいサイトの情報を追記します。

このブロックを複数作成することでドメインを複数作成したり、サブドメインを作成します。


sever name : ドメイン名
root : サイトのトップ階層をしてします(ドキュメントルート/DocumentRoot)


※備考WordPressについて一部追記をしています。
11行目は、パーマリンクの設定を認識できる為に記述しています。
18行目は、PHPを動かす為に必要な記述です。

ドキュメントルートディレクトリ作成

HTMLのファイルを格納するディレクトリを作成します。
利用ユーザーの権限を付与します。(下位ディレクトリにすべて反映させます)
アクセス権は「755」(drwxr-xr-x)

#mkdir hoge2
#chown -R hoge2:hoge2 hoge2/
                   (ファイル所有者:ファイルユーザー ディレクトリ名)
#chmod 755 -R hoge2


ユーザー名:hoge2
オーナー名:hoge2
ディレクトリ名:hoge2

ここで、テストファイルを作成して置きます。(index.html)
こちらをコピペして、index.htmlファイルに記述します。


WP(WordPressの場合)

ドキュメントルートにインストールファイルを一式置くことで利用可能です。

DNS設定

サーバ側の設定が終わったので、続いてDNS設定です。
外部からアクセスして来る際に、ドメイン名をURLに入力してアクセスできるように
名前解決をさせます。ご利用のDNSサービスに登録します。

サブドメインなしの場合は、www.ドメイン名.グローバルIPアドレス
このグローバルIPアドレスは、サーバのアドレスです。
今回は、GMOVPSで発行された固定のグローバルIPアドレスになります。

サブドメインの場合は、「WWW」をサブドメイン名に差し替えてください。
DNSの反映までには1時間程度かかりました。

help.onamae.com

確認

DNSの反映が終われば、先程のindex.htmlファイルにアクセスします。
反映を確認するのは、nslookupコマンドを実行してドメイン名の返事が帰ってくればOKです。
もしくは、こちらのサイトからでもDNSの反映状況を確認することが出来ます。

www.cman.jp